So-net無料ブログ作成
キャラクター ブログトップ
前の10件 | -

サザエさんてぬぐい@長谷川町子美術館 [キャラクター]

20080529 手ぬぐい2.JPG

長谷川町子美術館はグッズが充実していて、
いろいろ欲しくなってしまいます。
てぬぐいを見つけたので買ってきました。
かまわぬ製です。

20080529 手ぬぐい3.JPG

 長谷川町子美術館 http://www.hasegawamachiko.jp/
  


長谷川町子全集 (1)  サザエさん 1

長谷川町子全集 (1) サザエさん 1

  • 作者: 長谷川 町子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1997/04
  • メディア: 単行本



ウィスット・ポンニミットさん(タムくん)のマンガ [キャラクター]

ウィスット・ポンニミットさん(タムくん)のマンガは
昨年の横浜トリエンナーレで知って以来のファンです。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-12-25

最近、2冊の本が出ました。
どちらも、女の子のマムアンとイヌのマナオのおはなしです。
タムくんのマンガに出てくる色んな登場人物の中でも、
やっぱりマムアンとマナオのおはなしが一番いいです。
きゅんとなる感じが。

マーマー

マーマー

  • 作者: ウィスット・ポンニミット
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2006/12/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


マムアンとマナオ

マムアンとマナオ

  • 作者: ウィスット・ポンニミット
  • 出版社/メーカー: ミリオン出版
  • 発売日: 2006/12/22
  • メディア: 単行本

一番のおススメは「everybodyeverything」の中の
マムアンとマナオのおはなし。
泣いてしまいそうになります。

everybodyeverything

everybodyeverything

  • 作者: ワチラポーン リムビプーワッド, 木村 和博, ウィスット・ポンニミット
  • 出版社/メーカー: マガジン・ファイブ
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: コミック


 ほぼ日刊イトイ新聞でも紹介されていました。
  http://www.1101.com/tum/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

いやげ物 ”二穴オヤジ”発見 [キャラクター]

いやげ物

いやげ物

  • 作者: みうら じゅん
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/07/07
  • メディア: 文庫

みうらじゅんさんのファンにはおなじみの"いやげ物”
もらっても反応に困るおみやげですが、奇妙にいとおしい存在です
なかでもぼくの心をつかんだのが、”二穴オヤジ”

なんとなくどこにでもありそうだけど、徐々に姿を消していて、
最近はほとんど見かけなくなっています

旅行に行くたびに探していたのですが、
ついに筑波山で見つけました


これが”二穴オヤジ”(二つの穴を開けているオヤジだから)

--------------------------

軽井沢には絶対あると思っていたのですが、
”二穴リンゴ”の発見に留まっていました。

同じ軽井沢で”オヤジ”も別に発見したんですが、、、惜しい
(一番右のオヤジはちゃんと穴を掘るためのスコップを持っている)

さらに、最近行った那須では”二穴フクロウ”も発見していたのですが、、、

このフクロウは色んな場所でお見かけします

-------------------------

筑波山では二穴オヤジの建てた”四穴ログハウス”も発見しました。

------------------------

アイノカテゴリー

アイノカテゴリー

  • 作者: みうら じゅん
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2005/03/04
  • メディア: 単行本

恥ずかしいんだけど愛すべき存在のいっぱい詰まった写真集
東京都写真美術館の「私のいる場所」展で観て
ホントに笑いました


りさ・キャン6号 [キャラクター]

さとうりささんのリュック型バルーン"りさ・キャンペーン6号"
 http://www.studio.co.jp/risacan/campaign/6.html
なんだか惹かれます。

小さな"りさ・キャンペーン6号"
略して"りさ・キャン6号"をついに手に入れました。


ちゃんとつれて歩かなければ

愛・地球博でもさとうりささんの作品がありました。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-04-04

さとうりさ公式ページ http://www.studio.co.jp/risacan/index.html


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ご当地アフロ犬シリーズ ビール犬とイクラ犬 [キャラクター]

北海道旅行で出会ったアフロ犬。
2匹。


ビール犬


イクラ犬

だんだんたまってきました。

 なまはげ犬 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2004-12-30
 東京タワー犬 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-12

ご当地アフロ犬 http://www.san-x.co.jp/license/05/
アフロ圏 http://www.san-x.co.jp/afro/afro.html


たらこキューピーストラップ [キャラクター]

たーらこー♪ たーらこー♪
前から欲しかった”たらこキューピーストラップ”を
やっと手に入れました。


たらこのすじが結構リアル

90cmのたらこキューピー抱きまくらキャンペーンもやってるようだ。

キューピー http://www.kewpie.co.jp/


ご当地アフロ犬シリーズ 東京タワー犬 [キャラクター]

アフロ犬って最近見ないんですが、
実は結構好きだったんです。
てゆーか、今でも好きです。(苦笑)
(目撃情報募集中です)

現在は「ご当地アフロ犬シリーズ」が唯一の頼みの綱。
秋田の旅行先で出会った「なまはげ犬」については過去に記事にしたんですが、
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2004-12-30
今、一番手に入れやすいのは「東京タワー犬」!

東京タワーのふもとには大量に土産物屋ががあるんですが、
この「東京タワー犬」は、上まで昇らないと手に入らないのでした。

まさか、「東京タワー犬」目当てで昇ってる人がいるなんて、、、

ご当地アフロ犬 http://www.san-x.co.jp/license/05/
東京タワー http://www.tokyotower.co.jp/2005/
アフロ圏 http://www.san-x.co.jp/afro/afro.html


ノッポンよりかわいいと思うんですが、、、?


我が家の海洋堂「食玩」 グリコ編 [キャラクター]

海洋堂の「食玩」を探していたら、
タイムスリップ・グリコシリーズが比較的多かったです。


ジャイアント馬場さん


給食


ウルトラマンシリーズは遠近感や立体感がすごい!
他にもカッコいいのがあって欲しくなります。


一番最近買った大阪万博編からお祭り広場
太陽の塔は↓
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-04-08-1

--------------------------
海洋堂 http://www.kaiyodo.co.jp/
海洋堂の軌跡展 http://www.kaiyodoten.com/
タイムスリップグリコ http://www.ezaki-glico.net/chara/timeslip/index.html


我が家の海洋堂「食玩」 [キャラクター]

先日、「海洋堂の軌跡」展に行って、
いろいろ見ながら、
”これ欲しい!”と思う一方で、
”これ持ってる!”というものもあって楽しかったです。

久しぶりに我が家の海洋堂ものを探して見たら、
積極的に集めていたつもりはないのに、結構持ってました。
---------------------------------------------
一番最近買った「モリゾー&キッコロ」

最近、モリゾーの目つきがやさしくなってきてるような気がして心配

一番最初に買ったのは「チョコエッグ」
これで海洋堂の名を知りました。

ペットシリーズがお気に入り

渋めの「七福神根付」

福禄寿

カーブ・ブルータスの付録も海洋堂製だった。

エーロ・アールニオの「ポニー」

現代アートのブームに乗っかってみたりもしました。

村上隆「Mr. Oval the Mediator」

ムーミンに癒しを求めていた時もありました(過去の記事)
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-02-15
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-02-09-6

--------------------------
海洋堂 http://www.kaiyodo.co.jp/
海洋堂の軌跡展 http://www.kaiyodoten.com/


「造形集団 海洋堂の軌跡」展 [キャラクター]

写実的というか本物そっくりというか、
リアルな芸術作品って近頃あんまり見かけない気がするんですが、
最近、ギリシャ時代の彫刻や奈良時代の仏像、あとルネッサンス時代のものなんかをみて、
リアルってことが逆に新鮮に感じています。

そういう意味では、
海洋堂の「食玩」なんてリアルの極みで、
そのリアルさに妙に感動します。
(ついつい買ってしまう)

リアルさは分かりやすさも魅力で、
展覧会場では何も考えず、
ただワクワクしながら作品に見入ってしまいました。

こういう分かりやすさ、
倦厭されがちですが、
結構いいです。

現在は、水戸にて開催。その後札幌、鹿児島に巡回。
-----------------------------------------
「造形集団 海洋堂の軌跡」展 @水戸芸術館現代美術ギャラリー
2005 4/9-6/5

水戸芸術館 http://www.arttowermito.or.jp/art/gallery-j.html
次回は日比野克彦の一人EXPO。また行っちゃいそう。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - キャラクター ブログトップ