So-net無料ブログ作成

こぎん刺しのブックカバー@弘前こぎん研究所 [手仕事]

P7305230 (375x500).jpg

弘前にある前川國男設計の木村産業研究所は
現在は弘前こぎん研究所となっています。

寒さが厳しい東北の人々は布を大事に使いました。
庶民の布はもっぱら麻で、継ぎながら大事に使っていました。
木綿が手に入るようになると、
防虫のために藍で染められた麻の布に
防寒と補強のために木綿の糸を刺すようになりました。
こぎん刺しは特に非常に細かく刺繍され
多くの美しい模様が生み出されました。

昭和になるとこぎん刺しの伝統はいったん途絶えますが、
そんなこぎん刺しの伝統を復興し継承してきたのが
弘前こぎん研究所です。

こぎん刺しといえば昔は衣類が中心でしたが、
弘前こぎん研究所では現在のライフスタイルに合わせて
様々なものが作られています。

ブックカバーを購入しました。


 過去の関連記事:
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-07-23 (木村産業研究所)
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-08-02 (「来森手帖」に引かれて弘前へ)


 弘前こぎん研究所 http://takumishop.jp/shop/?id=1008


P7245222 (375x500).jpg
現在は藍色以外に色も増えています。



 過去の関連記事その2:
    http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-06-29 (久留米絣のブックカバー)
    http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30 (芭蕉布のブックカバー)

「来青手帖」に引かれて弘前へ [手仕事]

P7275228 (375x500).jpg

以前に「来鳥手帖」を紹介しました。
 →http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16 (「来青手帖」に引かれて鳥取へ)

「来鳥手帖」は
民芸一家に生まれ育った料理研究科の福田里香さんと
みつばちトートで有名な民芸初心者の束松陽子さんが
鳥取に民芸を訪ねる旅に出かけた旅行記です。

以前、鳥取旅行の際に参考にしました。


じつは「来鳥手帖」には「来青手帖」という続編が出ていて、
こちらは青森・弘前に「こぎん刺し」を訪ねる旅行記です。
今回の青森旅行ではこちらをも参考にしました。

 柳宗悦や民藝とこぎんの関係
 弘前こぎん研究所への訪問
 こぎん研究所の建物を設計した前川國男
 こぎん刺しバックのできるまで
 弘前のお菓子
 などなど

小さな冊子ですが、
内容は充実しています。
きっと弘前旅行に行きたくなる本だと思いました。

P7275229 (375x500).jpg

その後、「来森手帖」に影響を受けて「在青手帖」も出版されました。
こちらは青森在住の方々による青森の手仕事を訪ねた冊子です。

「来青手帖」は青森に住んでいる方にとっては
身近で当たり前なものを再発見するきっかけとなったようです。

日常を見つめなおすことからはじめて
日々の暮らしの豊かさに気付くことからこの冊子は生まれました。

「来森手帖」と合わせておススメです。

--------------

どちらの本も手に入れにくいのですが、
「来森手帖」の発売店舗は以下の「みつばちトート」のHPを参照下さい。

  みつばちトート http://www.mitsubachi-tote.com/news/post_2.php

「在青手帖」は京都の恵文社一乗寺店を訪ねた時に入手しました。
ONLINESHOPでも入手できるようです。

 恵文社一乗寺店 http://www.keibunsha-books.com/

---------------------

ぼくは持っていないのですが、
こぎん刺しを実際にしてみたい方は以下の本もあります。


こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

  • 作者: 布芸展
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

韓国の美しいもの@韓国・国立中央博物館 [手仕事]

韓国の国立中央博物館には
古美術品のほかに衣食住の生活に密着した品々も
多数展示されていました。

P3204081 (375x500).jpg
「ソバン(小盤)」
食卓として使われたお膳です。

P3204139 (375x500).jpg
「トクサル(餅型)」
餅菓子用の型です。

P3204079 (375x500).jpg
「タシクパン(餅型)」
磁器性の餅型は耐久性が高く宮中で使われました。

P3204087 (375x500).jpg
「ファガク(葉角)」
牛角を用いた工芸品で
ハムと呼ばれる婚礼用品を納める箱のようです。
動物の模様が魅力的です。

P3204088 (375x500).jpg
「ナジョン(螺鈿)」
韓国にも螺鈿細工はあります。
(螺鈿細工は元々大陸から日本に伝わってきたものです)
先ほどのファガクと同様に動物の模様が気に入りました。

P3204115 (375x500).jpg
李朝の家具いろいろ。
高級官僚の両判(ヤンバン)の用いた書斎道具です。

P3204099 (375x500).jpg
「冊架図」
学問崇拝を象徴し、立身出世を願ったものです。
民画の魅力も持ち合わせています。

P3204133 (375x500).jpg
「トゥソク(豆錫)」
箪笥の装飾に用いられた金属細工です。
縁起物がモチーフのなることが多く、
写真は蝶がモチーフになっています。

P3204104 (375x500).jpg
「ハンジ(韓紙)」

P3204091 (375x500).jpg
「チルボ(七宝)」

P3204138 (375x500).jpg
「ノリゲ」
チマチョゴリのアクセサリーです。

P3204136 (375x500).jpg
「チュモニ(袋物)」
いわゆるバッグです。右はめがねケースです。

 韓国国立中央博物館 http://www.museum.go.kr/main/index/index004.jsp

 過去の関連記事:
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-05-20 (染付蘭草文瓢形瓶)
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-05-21 (餅型)
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2011-07-04 (木人・モギン)

---------------------------------

↓の本を参考にしました。韓国に伝わる手仕事が色々と紹介されていて参考になります。


韓国の美しいもの (とんぼの本)

韓国の美しいもの (とんぼの本)

  • 作者: 小澤 典代
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本



韓国の木人(モギン)@韓国・国立中央博物館 [手仕事]

P3204165 (375x500).jpg

韓国の国立中央博物館には
暮らしに密着した生活の道具類も
多数展示されていました。

気になったのは木人(モギン)です。
別称は木偶(モグ)。
見た目とは裏腹に
実は棺を載せる輿を飾る装飾品だったそうです。

独特のゆるい雰囲気にとても惹かれます。

P3204166 (375x500).jpg
P3204164 (375x500).jpg
P3204163 (375x500).jpg

仁寺洞(インサドン)に木人を集めた木人博物館があるということで
行ってみたのですが、時間が合わなかったのか閉まっていました。
次回はぜひ訪ねてみたい場所です。


↓木人を含め韓国の手仕事が色々紹介された本です

韓国の美しいもの (とんぼの本)

韓国の美しいもの (とんぼの本)

  • 作者: 小澤 典代
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

久留米絣のブックカバー @gi [手仕事]

P5174832 (375x500).jpg

久留米絣を利用したブックカバーです。

久留米絣は何十本もの糸の束を
柄から逆算してくくり、染めない部分を作ることで、
他の絣より多様な模様を生み出しています。

染めた後に織る「絣」は、織った後に染める染物と違い
その過程で「ズレ」が生じます。
この「ズレ」が模様に味を与え、
深みのある美しさを感じさせてくれます。

久留米絣を使用した商品を多く扱うお店giで購入しました。

 久留米かすりgi  http://www.gikame.com/

 かすりの説明→ http://www.gikame.com/kasuri.html

過去の関連記事:
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2009-04-30 (芭蕉布のブックカバー)

韓国の木製餅型 [手仕事]

P5084814 (375x500).jpg

餅菓子に模様をつける韓国の木製の餅型です。
菊花がモチーフになっています。

餅菓子は韓国においてお祝い事に供えられる
伝統的ななお菓子のようです。

韓国旅行の際に立ち寄った骨董品店で見つけました。

京唐紙・唐長の襖 @旧白洲邸・武相荘 [手仕事]

100610 武相荘唐紙.JPG

旧白洲邸・武相荘に行った際、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2010-06-09
襖に唐長の京唐紙が使われていることを知りました。

唐紙は板木に雲母や顔料をのせ和紙に手摺りしたもので、
古くから続く旧家の襖に使われているのを
見ることもありますが、
旧白洲邸のものも素敵だなと思いました。

唐長の板木には様々な文様がありますが、
白洲正子さんの書斎の襖は
「枝桜」文様の雲母(きら)摺りが用いられていました。
光沢の違いで「枝桜」文様が浮か浮かび上がるもので
落ち着いた華やかさを感じさせます。

襖絵と同様の手法で作られた一筆箋が
売られていたので購入してきました。


 唐長の京唐紙関連の過去の記事:
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-05-17

 唐長HP http://www.karacho.co.jp/

 武相荘HP http://www.buaiso.com/index.html

-----------------------

唐長の京唐紙の板木は数百種類にのぼるようですが、
そんな文様の数々を紹介した本がこちら↓です。
眺めているだけで楽しめます。
「枝桜」も載っていました。


唐長の「京からかみ」文様 (紫紅社文庫)

唐長の「京からかみ」文様 (紫紅社文庫)

  • 作者: 千田 堅吉
  • 出版社/メーカー: 紫紅社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



芭蕉布のブックカバー @沖縄・大宜味村 [手仕事]

0904027 芭蕉布.JPG

沖縄に行った時、
前から気になっていた
大宜味村の芭蕉布会館に行ってきました。

大宜味村喜如嘉の芭蕉布会館では
昔からと同じ手法で芭蕉布が制作されており、
展示販売もしています。

大変多くの工程からなることから、
芭蕉布の生産量は限られており、
あまり市場に出回らないようですが、
芭蕉布会館では比較的多くの作品に出会うことができます。

写真は芭蕉布を用いたブックカバーで、
芭蕉布会館から独立され活動しているこもれび工房製です。

芭蕉布は芭蕉の木から繊維をとり、
繊維を結び合わせて長い糸を作りますが、
織物になったときに点在する結び目が
いいアクセントになっていて好きです。

 こもれび工房 http://www.komorebikobo.com/
 
0904027 芭蕉布2.JPG

芭蕉布会館の近くでは多くの芭蕉の木を見かけました。
芭蕉布が沖縄で好まれた理由は
このように芭蕉が育つ気候という点もありますが、
なにより芭蕉布を着たときの感触が
暑い沖縄の気候に合っている点が大きいようです。
確かに他の繊維とは一味違う感触です。

0904027 芭蕉布3.JPG

 大宜味村芭蕉布会館  http://www.vill.ogimi.okinawa.jp/miryoku/bashohu3.html

八重山上布のミニシーサー [手仕事]

20081130 八重山上布.JPG

八重山上布で作られたシーサーです。

写真のように口を閉じたシーサーには
幸を逃がさないとの願いが込められているそうです。

口を日開いたシーサーもいたのですが、
そちらは幸を呼び込むそうです。

かわいいのでついつい買ってきてしまいました。

-------------------

石垣島には八重山上布や八重山ミンサーなど
染織物が多くありました。

人頭税として貢上していた時代が過去にあったため、
厳しい要求に応えるために高度な技術の染織物が
八重山諸島に生まれた歴史背景もあるようです。

貢上品というと、過度な装飾が気になる場合もありますが、
織物の場合は基本は幾何学模様や色の組み合わせなので、
貢上品といえども素朴な美しさを持っているような気がします。

日本民藝館などでも
高い技術の八重山や琉球の染織物が見られると思います。

高度な技術ゆえ、現在でも比較的高価な品となっており、
なかなか買うことはできませんが、
見ているだけでも素敵です。

芭蕉古布のポシェット [手仕事]

沖縄では歴史の中で色々な織物が発展してきました。
なかでも身近な素材の糸芭蕉を用いた芭蕉布は、
数多い沖縄の織物の中でも最も古い織物だそうです。

そんな芭蕉布の貴重な古布を用いて
手作りで作られたポシェットを石垣島で見つけました。

20081130 芭蕉布.JPG

とてもいい風合いです。

江戸の掛守に近い形で、
デジカメ入れにしようかと考えています。

石垣島のやちむん館にて購入しました。
やちむん館オリジナルだと思います。

 やちむん館 http://www.yachimunkan.co.jp/index.html

------------------

やちむん館は沖縄特有の素材のアダンや月桃を用いた
編み物も充実していました。
他にやきものなどなどセンスのよい品々が充実していました。
近くにあったら行きたくなるお店です。

ku:nel(クウネル)でも紹介されていましたので、
興味のある方はご確認ください。


ku:nel (クウネル) 2008年 07月号 [雑誌]

ku:nel (クウネル) 2008年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2008/05/20
  • メディア: 雑誌