So-net無料ブログ作成

パット・メセニー「オーケストリオン」ツアー@すみだトリフォニーホール [音楽]


オーケストリオン

オーケストリオン

  • アーティスト: パット・メセニー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD



パット・メセニーの「オーケストリオン」ツアーに
行ってきました。

オーケストリオンとは、
元々19世紀末から20世紀初頭に実在した
複数の楽器を自動で同時に演奏する装置です。

オルゴールのように曲に合わせてパンチングされた穴を
空気が通ることでピアノや打楽器などが自動で演奏されます。

オーケストリオンの登場前は
音楽を聴くにはライブ演奏を聴きに行くしかなかったのが、
オーケストリオンの登場以降は
オーケストリオンにコインを入れるといつでも好きな時に
演奏を聴けるようになりました。

しかし、その後のレコードの登場で
オーケストリオンは衰退していきます。

ライブ演奏をレコードで簡単に再現できる時代に、
ライブ演奏の代替手段としてのオーケストリオンは
存在理由がなくなりました。

--------

今回、パット・メセニーは
オーケストリオンを現代の技術で蘇らせました。

そして、まず
オーケストリオンによる自動演奏をバックに
CDを製作しました。

予め自ら楽器を演奏したうえで
オーケストリオンに演奏させるという手順をとったようで、
重ね撮りの可能な現在の技術から考えると、
非常に手間のかかる方法をわざわざとっています。

なぜ今さら?という思いもありますが、
一方で、自動演奏装置・オーケストリオンの存在には
ワクワクするような感じを持ちました。

見たことも聴いたこともない
自動演奏装置という存在に
非常に惹かれるものがあったのだと思います。

------------

その後、パット・メセニーは
オーケストリオンを引き連れてツアーを開始し、
日本にもやってきました。

そして、とうとうオーケストリオンによる自動演奏を
聴くことができました。

舞台上にはパット・メセニー一人しかいないのに
舞台を埋め尽くすように置かれた様々な楽器が
生で自動演奏される姿は圧巻でした。

しかも、今回登場したオーケストリオンは
昔のオーケストリオンと違って
即興演奏にも対応できるということで
とても不思議な気分でした。

即興時の楽器への指示はすべて
その場その場でパット・メセニーが行っているということで、
完璧に協調しながら自動演奏を行うオーケストリオンは
パット・メセニーの良きパートナーというより
パット・メセニーそのものでした。

 ↓にはパット・メセニー自身が語っている公式動画へのリンクが
  ありますのでぜひご覧ください
  オーケストリオンも登場しています
http://www.triphony.com/concert/20100611topics.php


---------------
パット・メセニー「オーケストリオン」ツアー@すみだトリフォニーホール
2010/6/11-12
http://www.triphony.com/concert/20100611topics.php
----------------

ミシェル・ルグラン音楽 ミュージカル「マルグリット」 [音楽]


Marguerite

Marguerite

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Music TV
  • 発売日: 2008/08/05
  • メディア: CD



ミュージカル「マルグリット」を観てきました。

「レ・ミゼラブル」、「ミス・サイゴン」の
アラン・ブーブリル、クロード=ミッシェル・シェーンベルクが脚本、
イギリスのジョナサン・ケントが演出というのも魅力ですが、
さらにはミシェル・ルグランが音楽担当ということで
行ってきました。

戦下にフランスとナチスの狭間に迷い込んでしまった主人公が、、、
ということで、「ミス・サイゴン」の登場人物に重なるようなお話です。

ミシェル・ルグランの1ファンとしては、
彼の久しぶりのミュージカル音楽はうれしかったです。
あと、ジョナサン・ケントの演出もシャープでよかったです。

-----------------------
「マルグリット」@赤坂ACTシアター
2009/2/10-18 (3/12-29 @日生劇場)
http://marguerite-japan.com/
-----------------------

------------------------

ミシェル・ルグランは2007年に来日コンサートをされていて、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2007-03-17
行ってきました。

ピアノを弾いて、指揮して、歌って、しゃべってと
ミシェル・ルグランさん大活躍の公演でとても楽しめました。
ゲストの歌や演奏の後には誰よりも喜んで拍手する姿が
とても印象的でした。

奥さんのカトリーヌ・ミシェルのハープもよかったし
その他のゲストの皆さんもとてもよかったですが、
中でもお姉さんのクリスチャンヌ・ルグランの歌声が、
CDで聴いた通りで変わってなく感動しました。
姉弟のデュエットも聴けて、
ロシュフォール・メドレーやシェルブール・メドレーも聴けて
とてもよかったです。


ルグランのすべて!~ライヴ・イン・ブリュッセル [DVD]

ルグランのすべて!~ライヴ・イン・ブリュッセル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオアーツ・ミュージック
  • メディア: DVD



---------------------

2008年には、
お姉さんのクリスチャンヌ・ルグランが
ベースとピアノとのトリオで来日されたので、
観に行ってきました。

日本で再発された1989年のアルバムからの曲が中心の構成でしたが、
圧巻はやはりチック・コリアの名曲「FIESTA」、
ヴォーカリストとしては挑戦の曲だと思います。
こちらも興奮しました。

 (クリスチャンヌ・ルグランの紹介記事↓も参照ください)
  http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2007-07-02


Nul Ne Sait

Nul Ne Sait

  • アーティスト: パトリス・ペリエラス,マルク・ミシェル・ル・ベビヨン
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/09/24
  • メディア: CD



バート・バカラック・コンサート [音楽]

バカラック・ベスト~生誕80年記念スペシャル

バカラック・ベスト~生誕80年記念スペシャル

  • アーティスト: オムニバス, バート・バカラック, カーペンターズ, ブルック・ベントン, ステファニー・ミルズ, ダスティ・スプリングフィールド, トム・ジョーンズ, ジャック・ジョーンズ, ザ・フォー・トップス, セルジオ・メンデス&ブラジル’66, エンゲルベルト・フンパーディンク
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/02/13
  • メディア: CD

バート・バカラックの来日公演に行ってきました。
CDは色々持っていたのですが、
コンサートに行くのは初めてということで、
楽しみにして行ってきました。

"What The World Needs Now is love"から始まったコンサートは
メドレー形式で思わず口ずさみたくなるヒット曲がどんどん続きます。
フルオーケストラをバックにしているのもよかったです。
盛り上がりました。

途中、デビュー当時の初めてのヒット曲を演奏した後、
最新アルバム「At This Time」からの曲も演奏されました。
最新アルバムは結構気に入っていたので、
個人的にはうれしかったです。

その後も
映画音楽のメドレーなど
バカラックの音楽を堪能できました。

現在80歳ということなんですが、
オーケストラを指揮する姿は力強く
かっこよかったです。

------------------------
バート・バカラック・コンサート@東京国際フォーラムA
2008/2/16
------------------------

オースティン・パワーズ [DVD]

オースティン・パワーズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

10年ほど前の映画「オースティン・パワーズ」に
バート・バカラックが弾き語りながら登場したときは、
感動しました。

今回のコンサートでは
映画の中で歌っていた"Make It Easy On Yourself"を
聴くことはできませんでしたが、
弾き語るバカラックの姿をやっと見ることができました。

ちょっと欲を言えば、
”カジノ・ロワイヤル”や”プロミセス・プロミセス”も
聴きたかったかも。
”何かいいことないか仔猫ちゃん”は聴くことができました。
どれも好きな曲です。

 関連記事:http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-09-16

------------------------

アット・ディス・タイム

アット・ディス・タイム

  • アーティスト: バート・バカラック,クリス・ボッティ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: CD

77歳で発表した最新アルバムは
ドラム・ループにバカラックの華麗なオーケストラやコーラスが絡む
という、音楽的にとてもかっこいいアルバムとなっています。

作詞もバカラックが手がけていて、こちらも必聴です。
現代社会への強いメッセージが含まれていますが、
その裏にはバカラックの深い愛情を感じます。
80年の人生の重みのある言葉です。

---------------------------------

バカラックの曲を集めたCDは色々発売されています。
曲もいっぱいあるし、さらにカバーもあるので
どれだけCDがでても足りないくらいです。

A&M バート・バカラック・ソングブック -A&M Songs Of Burt Bacharach-

A&M バート・バカラック・ソングブック -A&M Songs Of Burt Bacharach-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/06/25
  • メディア: CD
バート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズ

バート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズ

  • アーティスト: バート・バカラック・オーケストラ&コーラス
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2001/08/22
  • メディア: CD

↓こちらは結構最近発売されたもので、
 ライブ音源も入っています。

ユア・ソング~バート・バカラック・ベスト

ユア・ソング~バート・バカラック・ベスト

  • アーティスト: バート・バカラック
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2007/04/11
  • メディア: CD

↓こちらは小西康陽さんの監修によるもので、
 選曲のセンスが他になく個性的で楽しめます。

レディメイド、バカラックを讃える

レディメイド、バカラックを讃える

  • アーティスト: オムニバス, バッキンガムズ, パーシー・フェイス, ボビー・ヴィントン, ファイブ・ブロブズ, チャーリー・バード, ディーコン・ブルー, モンゴ・サンタマリア, ビッキー・カー, アストラッド・ジルベルト, フラバルー・シンガーズ
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1994/11/02
  • メディア: CD

-------------------------

一人のアーティストが
バカラックの曲だけで1枚レコードを作る場合もあります。

きっといっぱいあるのでしょうが、
ぼくが知っている中で気に入っているのが↓こちら。
カル・ジェイダーのアルバムですが、
アレンジでゲイリー・マクファーランドも参加していて、
独自の世界を作り出しています。

サウンズ・アウト・バート・バカラック(紙ジャケット仕様)

サウンズ・アウト・バート・バカラック(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2004/10/20
  • メディア: CD

スタン・ゲッツもバート・バカラックの曲で1枚作っています。

プレイズ・バート・バカラック+4(紙ジャケット仕様)

プレイズ・バート・バカラック+4(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: スタン・ゲッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: CD

そして、ディオンヌ・ワーウィックのベスト盤は
そのままバート・バカラック&ハル・デイヴィッドのベスト盤となっています。
バート・バカラックを聴き始めたい方におススメです。
ぼくも昔最初に買いました。

The Dionne Warwick Collection: Her All-Time Greatest Hits

The Dionne Warwick Collection: Her All-Time Greatest Hits

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Scepter
  • 発売日: 1989/10/26
  • メディア: CD


チック・コリア&上原ひろみ 「Duet」 [音楽]

デュエット(初回限定盤)(DVD付)

デュエット(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: チック・コリア&上原ひろみ
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
  • 発売日: 2008/01/30
  • メディア: CD

昨年のチック・コリアと上原ひろみさんによる
ブルーノート東京のピアノ・デュオ公演が
とうとうCDになりました。

ぼくは運良く観にいくことができたのですが、
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-09-30
CDで何度も聴くことができるのはうれしいです。

4月には武道館公演が待っているので、
ぜひ、また聴きに行きたいなと思います。

 http://www.chickhiromi.com/

------------------------------------

記事にはしていなかったのですが、
昨年末は上原ひろみさんのHiromi's Sonicbloomの公演に
行ってきて興奮しました。
すごかったです。

日本ツアー最終日の東京国際フォーラムAでは
A席というものすごい後ろの席に陣取ってたのですが、
全然距離を感じさせませんでした。

東京国際フォーラムAの席があまりに遠かったので、
実はブルーノート東京公演にも行ってきて、
合計2回もHiromi's Sonicbloomの公演を観てしまいました。
でも2回聴いて損はなかったと思います。
むしろ2回も聴けてよかったかも。

まだ聴いてない方はぜひ聴いてみてください↓

タイム・コントロール

タイム・コントロール

  • アーティスト: 上原ひろみ~Hiromi’s Sonicbloom
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD

DVDでないかな。


ユニクロ ECMレコードTシャツ [音楽]

最近、チック・コリアとパット・メセニーのコンサートに
立て続けに行ってきました。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-09-30
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-10-07

それで思い出したのが、
この夏ユニクロより発売されたECMレコードシリーズのTシャツ。
ジャケットの美しさが評判のレーベルですが、
チック・コリアとパット・メセニーの名盤もTシャツに選ばれていました。
ということで、ついつい買ってしまいました。

コンサートには着ていく勇気がなかったですが、、、
来年あたりは普段着として着てみたいと思います。

まだ一部買えるようです。しかも500円に値下げされて。

 ユニクロ http://ut.uniqlo.com/search#cat_id=0&key_id=9&key_label=ECM%20RECORDS&gender=1_1_1&num=30&order=date&page=0

 過去の関連記事:http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-06-08

ユニクロのTシャツは毎年何がくるか楽しみです。
来年はどんなデザインがくるんだろ。

------------------


Return to Forever

Return to Forever

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Japan
  • 発売日: 1999/11/16
  • メディア: CD

チックコリアといえばこのアルバムがやっぱり好きです。


想い出のサン・ロレンツォ

想い出のサン・ロレンツォ

  • アーティスト: パット・メセニー・グループ,パット・メセニー,ライル・メイズ,マーク・イーガン,ダン・ゴットリーブ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/09/19
  • メディア: CD

パット・メセニー・グループはECMに名盤をいっぱい残していますが、
Tシャツではデザインも含めてこれがいいなと思いました。
パット・メセニー・グループのデビューアルバムです。

その後のパット・メセニー・グループで展開される要素の多くは
すでにこのアルバムに含まれていて、
作りこみすぎない素朴な感じが逆に心に響きます。


パット・メセニー ブラッド・メルドー ”カルテット・ジャパン・ツアー2007” @茨城県立県民文化センター [音楽]

メセニー・メルドー

メセニー・メルドー

  • アーティスト: パット・メセニー,ブラッド・メルドー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: CD
カルテット

カルテット

  • アーティスト: パット・メセニー,ブラッド・メルドー,ラリー・グレナディア,ジェフ・バラード
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/03/28
  • メディア: CD

パット・メセニーとブラッド・メルドーの来日公演に行ってきました。
茨城在住ということもあって、せっかくなので水戸公演に行きました。

はじめはデュオでの演奏で開始。
息のあった演奏をじっくり堪能しました。
その後はラリー・グレナディアとジェフ・バラードが登場。
訳あってジェフ・バラードの長いドラムソロの後、
カルテットでの演奏となりました。
デュオの時はこのままデュオをもっと聴いていたい気持ちもありましたが、
カルテットでの最初の曲"A Night Away"のイントロが始まった瞬間から
すっかりカルテットでの演奏に引き込まれてしまいました。

途中、ピカソギターなども登場して、
最後は意外にもミルトン・ナシメントの名曲"Vera Cruz"。
ミルトン・ナシメントのある意味呪術的?な感じもする曲も
パット・メセニーが演奏するとさわやかな風が吹くような感じでした。

その後、アンコールが2回。
2回目のアンコールではスタンディング・オーベーションとなりました。

パット・メセニーは昔から聴いていたけど、
生で演奏を観るのは実ははじめてでした。
茨城公演があるということで行ってみたのですが、
今まで行かなかったことを後悔するほどすばらしい公演でした。

------------------
パット・メセニー ブラッド・メルドー ”カルテット・ジャパン・ツアー2007” @茨城県立県民文化センター
2007/09/22
http://www.harmonyjapan.com/mm/index.html
------------------

ミルトン・ナシメントの名曲"Vera Cruz"はこのアルバム。
デオダートのアレンジによるものです。

コーリッジ

コーリッジ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1998/11/30
  • メディア: CD

"Vera Cruz"にパット・メセニーも参加しているバージョンがあることを知りました。
こちらのアルバムです。
早速購入してみました。

Angelus

Angelus

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1994/02/15
  • メディア: CD

ついでながら、デオダートのファンなので、
久しぶりにデオダートがアレンジで参加しているこちらのアルバムも
おススメしておきます。

Pieta

Pieta

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Spec. Mkt. UK
  • 発売日: 2003/02/17
  • メディア: CD


チック・コリア DUET with 上原ひろみ @ブルー・ノート東京  [音楽]

チック・コリアは毎年色々な形態で公演を行っていて、
去年だけでもタッチストーンとの公演、トロンハイム・ジャズ・オーケストラとの競演、
さらには上原ひろみさんともピアノ・デュオ公演を行っていました。
ぼくはブルーノート東京でのタッチストーン公演に行ったのですが、
他の2つを見逃したのがちょっと悔しいなと思っていました。
タッチストーン公演も忘れられないくらい良かったので悔いはなかったのですが、、、。

今年のチック・コリアもブルー・ノート東京で3種類の公演が予定されていて、
その中にチック・コリアと上原ひろみさんのピアノ・デュオが含まれていました。
どちらも好きなアーティストなので、
昨年の悔しさもありとても楽しみにして行ってきました。

ステージにより曲目が異なっていたようなのですが、
ぼくが行った回はビル・エヴァンス、ジョージ・ガーシュイン、
セロニアス・モンクなどのグレート・コンポーザーのスタンダード曲に加えて、
A・C・ジョビンの「How Insensitive」も登場しました。
そして、上原ひろみさんの「DEJA VU」とコリアの「Humpty・Dumpty」を1曲ずつ。
(お二人も先のメンツに負けないくらいのグレート・コンポーザーです)

2人の演奏は時に真剣、時にリラックスと
緊張感を保ちながらも緩急入り混じった感じで飽きませんでした。
チック・コリアだけでなく上原ひろみさんにも競演を楽しんでる余裕が感じられ、
観客も大いに楽しめたような気がします。
この点は比較的小さな会場で2人の表情が見えたのが良かったような気がします。

最後はアランフェスのフレーズと共にお決まりの「SPAIN」。
毎度のことではあるものの、コレがないと終われないです。

とても素敵なステージでした。
チック・コリアのコメントの中に、
CDだかDVDだかが作られるような話があったような気がしたのですが、
本当だったらうれしいなと思います。

---------------------------------------
チック・コリア DUET with 上原ひろみ @ブルー・ノート東京
2007/09/24-26
http://www.bluenote.co.jp/
----------------------------------------

上原ひろみさんの演奏を生で見るのはこれで2回目
前回は矢野顕子さんとのピアノ・デュオでした。
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-12-10

今年末は上原ひろみさんのバンド公演を初めて観に行く予定です。
会場は東京国際フォーラムAなのに完売してしまうほどの人気で、
一応席は取れたのですが、A席、、、でした。。。
それでも、CDを聴いて楽しみに待ちたいと思います。

タイム・コントロール

タイム・コントロール

  • アーティスト: 上原ひろみ~Hiromi’s Sonicbloom
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD

--------------

チック・コリアはここ最近は毎年ライブに行っています。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-09-02
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-13-1

毎年、手を変え品を変えいろんな試みを続けるチック・コリアに
目が離せないです。

今年は9月から12月で5枚のCDが出るようです。
他にも色んなプロジェクトが進行中なようで、楽しみです。
個人的にはRTFの復活が見てみたいです。

ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ

ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ

  • アーティスト: チック・コリア, ジョン・パティトゥッチ, アントニオ・サンチェス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2007/09/19
  • メディア: CD

------------

昨年日本でも発売された
トロンハイム・ジャズ・オーケストラとの競演のCDが
なかなか気に入っています。
オーケストラとのここまで緊張感ある感じの競演は
マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスとの競演を思い出しました。
よかったらお聴きください。

リターン・トゥ・フォーエヴァー~ライヴ・イン・モルデ

リターン・トゥ・フォーエヴァー~ライヴ・イン・モルデ

  • アーティスト: チック・コリア・アンド・トロンハイム・ジャズ・オーケストラ, チック・コリア, トロンハイム・ジャズ・オーケストラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: CD



クリスチャンヌ・ルグラン [音楽]

ミシェル・ルグランさんが来日されるということで、
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-03-17
今から楽しみです。
お姉さんのクリスチャンヌ・ルグランさんも
一緒に来日される予定でこちらも楽しみです。

これまで、ミシェル・ルグランさんの記事は書いたことがあるのですが、
クリスチャンヌ・ルグランさんの参加されたCDも
いくつか紹介しておこうと思います。

-------------------------------

クリスチャンヌ・ルグランさんは
主にコーラスグループで活躍されていますが、
出発点となったのは”ブルー・スターズ”です。
ブロッサム・ディアリーが在籍していたことでも有名なグループで、
アルバムタイトル曲の「バードランドの子守唄」は
ミシェル・ルグランによるアレンジ。

フランス語のコーラスグループによるジャズが、
なんだかいいです。

ララバイ・オブ・バードランド

ララバイ・オブ・バードランド

  • アーティスト: ブルースターズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 1994/11/06
  • メディア: CD


”ブルー・スターズ”の次に参加したのが、
”ダブル・シックス・オブ・パリ(レ・ドゥブル・シス)”です。
↓は名盤として有名なディジー・ガレスピーとの競演盤です。

アレンジはラディジー・ガレスピー・バンド出身のラロ・シフリン。
ラロ・シフリンは「スパイ大作戦」などの映画音楽でも有名です。

ディジー・ガレスピー&ザ・ダブル・シックス・オブ・パリ

ディジー・ガレスピー&ザ・ダブル・シックス・オブ・パリ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: CD

Les Double Six

Les Double Six

  • アーティスト: Les Double Six Of Paris
  • 出版社/メーカー: Rca Victor
  • 発売日: 1999/10/11
  • メディア: CD


次いで参加したのが、もっとも有名な”スウィングル・シンガーズ”。
バッハの名曲をコーラスで再現した作品が有名です。

ジャズ・セバスチャン・バッハ

ジャズ・セバスチャン・バッハ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2000/07/26
  • メディア: CD

クラシックじゃなくてジャズが聴きたい方は
これ↓がとってもおすすめ。
スタン・ゲッツのアルバムですが、
アレンジがミシェル・ルグランさん、
コーラスはスウィングル・シンガーズが担当しています。
ほとんどミシェル・ルグランのアルバムといってもいいような内容です。
コーラスもやりすぎとも思える存在感で、
十二分に堪能できます。

コミュニケーションズ’72(紙ジャケット仕様)

コミュニケーションズ’72(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: スタン・ゲッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: CD
----------------------------

クリスチャンヌ・ルグランさんは、
他にもミシェル・ルグランさんの代表的な映画音楽
『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人達』などでも
歌っておられますし、
ソロ・アルバムも何枚か発表されています。

こちら↓のソロアルバムのCD化は多くの人が待ち望んでいました。

OF SMILES AND TEARS

OF SMILES AND TEARS

  • アーティスト: クリスチャンヌ・ルグラン
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2004/10/17
  • メディア: CD

そして、ソロシングルを集めた日本編集盤がこちら↓。
貴重な音源も収録されています。
ちなみに、ライナー・ノーツが充実していて、
今回の記事でも参考にさせていただきました。

エル・エ・イル

エル・エ・イル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 2000/02/16
  • メディア: CD

ミシェル・ルグランさんもよく歌われるので、
来日時は二人のデュエットが聴けるといいなと思います。
シェルブールの雨傘とか。


「音楽のちから」~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート~ [音楽]

音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート

  • 出版社/メーカー: グリーンドア音楽出版
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: DVD

レコーディング/ミックスの第1人者として
日本のロック・ポップス界で活躍されている
吉野金次さんが入院され、
そんな吉野金次さんの復帰を願うコンサートが
昨年の8月、矢野顕子さん、細野晴臣さんの呼びかけもと
多くのアーティストが参加して開催されました。

収益は吉野さんの復帰のための治療費に使われるということで、
出演者やスタッフもボタンティアとしての参加でした。

急遽決定したコンサートは、
平日ということもあり行けなかったのですが、
コンサートの模様がDVDとして発売されました。
吉野さんへの愛に満ちた、やさしい気持ちになれるコンサートです。

アマゾンをはじめ大手CDショップで発売中です。

参加アーティスト:矢野顕子、細野晴臣&東京シャイネス・オールスターズ、ゆず、友部正人、大貫妙子、佐野元春、東京シャイネス・オールスターズ(浜口茂外也、徳武弘文、コシミハル、鈴木惣一朗、高野寛、高田蓮、伊賀航)

--------------------------------

風街ろまん

風街ろまん

  • アーティスト: はっぴいえんど, ハッピイエンド
  • 出版社/メーカー: エイベックス イオ
  • 発売日: 2002/09/11
  • メディア: CD

日本のロックの誕生に関わったのも吉野金次さんでした。

SUPER FOLK SONG

SUPER FOLK SONG

  • アーティスト: 矢野顕子
  • 出版社/メーカー: ERJ
  • 発売日: 1992/06/01
  • メディア: CD

矢野さん渾身の弾き語りアルバムの誕生も、吉野さんなしにはなかったかも。


「細野晴臣トリビュート・アルバム」 [音楽]

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-

細野晴臣トリビュートアルバム-Tribute to Haruomi Hosono-

  • アーティスト: オムニバス, 細野晴臣, ヴァン・ダイク・パークス, 坂本龍一+嶺川貴子, 松本隆, 坂本龍一, コシミハル, 鈴木創士, リトル・クリーチャーズ, 東京スカパラダイスオーケストラ
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: CD

細野晴臣さんのトリビュート・アルバムが発売になりました。
はっぴぃえんどやYMOからHISやSKETCH SHOW、
はたまた「ハイスクール・ララバイ」や「風の谷のナウシカ」などの名曲まで
などの細野さんの曲を20組のアーティストカヴァーしています。
参加アーティストも細野さんの周辺人脈を中心にとても豪華です。
細野晴臣さんへの愛に満ちたトリビュート・アルバムです。

 http://www.commmons.com/tribute

-------------------

ジャケットのイラストはウィスット・ポンニミットさん(トムくん)。
中にはトムくんによる参加アーティストの似顔絵もあります。
コーネリアスの似顔絵が一番気に入りました。
こちらも必見。

everybodyeverything

everybodyeverything

  • 作者: ウィスット・ポンニミット, ワチラポーン リムビプーワッド, 木村 和博
  • 出版社/メーカー: マガジン・ファイブ
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: コミック

 ウィスット・ポンニミットさん関連記事:
  http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-12-30
  http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-12-25