So-net無料ブログ作成
検索選択

名品との出会い 「何必館拾遺展」@何必館・京都現代美術館 [日本美術]

20080331 何必館.JPG

芸術作品を観る時、
自分の目だけを信じて
純粋に作品そのものを見ることができればいいのですが、、、
なかなか難しいです。

無理せず誰かの眼を通して見てみると、
自分では気づかなかった新しい発見があったりします。

誰かの眼を通して美術品を見るには、
誰かの収集品を見るのがいいような気がします。

例えば白洲正子さんの収集品を見ると
これも”美”なんだ、といった発見が多くあります。

---------

何必館・京都現代美術館では
館長の梶川芳友さんが愛し集めた収集品が
展示されています。

現在開催中の「何必館拾遺展」では
特に思い入れのある品々が
作品にまつわる逸話と共に展示されています。

村上華岳、速水御舟、小林古径、入江波光、松本俊介、山口薫、
良寛、富本憲吉、加藤唐九郎、北大路魯山人、ジャコモ・マンズー、パウル・クレー

梶川芳友さんの眼を通して作品を見ることで、
多くの発見がありました。

純粋に作品そのものを鑑賞することも可能ですが、
作品の歩んできた歴史、梶川芳友さんとの出会いなど
ひとつひとつの逸話があることで、
作品にぐっと深みを感じます。

----------------------
「何必館拾遺展」@何必館・京都現代美術館
2008/3/1-4/13
http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html
----------------------
 

↓本も発売されました。


何必館拾遺

何必館拾遺




神坂雪佳の図案 「海路」てぬぐい帳 [日本美術]

20080329 神坂雪佳.JPG

琳派の継承者として知られる神坂雪佳の図案に惹かれます。
中でも図案集「海路」は色数も少なくシンプルな図案なのに
様々な海の表情が表されていて見てて飽きません。

そんな神坂雪佳の図案「海路」をモチーフにデザインしたてぬぐいを
表紙として利用し製本されたノートを見つけました。

京都のアートショップ・ピエボ製です。
製本は御茶ノ水の美篶堂によるものです。

 pievo http://www.artefactory.co.jp/html/shop/shop.html
 美篶堂 http://www.misuzudo-b.com/index.html
 細見美術館 アートキューブショップ http://artcube-kyoto.co.jp/top.html


明治35年に多色木版摺による「染織圖案 海路」を発行した
芸艸堂(うんそうどう)は現在も京都で営業していますが、
芸艸堂からは「海路」の図案が手摺木版はがきとして発売されています。
とってもモダンです。

20080329 神坂雪佳4.JPG
20080329 神坂雪佳3.JPG
20080329 神坂雪佳5.JPG

 芸艸堂 http://winds-unsodo.shop-pro.jp/?mode=f3
       http://www.unsodo.net/
 Winds芸艸堂店長のブログ http://blog.winds-unsodo.shop-pro.jp/?eid=67219


↓そして芸艸堂からは「海路」の図案を集めた本も発売されています。

 
神坂雪佳 蝶千種・海路―近代図案コレクション (近代図案コレクション)

神坂雪佳 蝶千種・海路―近代図案コレクション (近代図案コレクション)

  • 作者: 神坂 雪佳
  • 出版社/メーカー: 芸艸堂
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 大型本



------------------------------------

神坂雪佳は「百々世草」のシリーズも人気です。

20080329 神坂雪佳2.JPG
同じく芸艸堂製の絵はがきです。


神坂雪佳 百々世草―近代図案コレクション (近代図案コレクション)

神坂雪佳 百々世草―近代図案コレクション (近代図案コレクション)

  • 作者: 神坂 雪佳
  • 出版社/メーカー: 芸艸堂
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 大型本



一澤信三郎帆布の麻帆布鞄 [手仕事]

京都のお店は
変わらないことと新しい試みのバランスが
うまいお店が多い気がします。

一澤信三郎帆布に行ってきましたが、
昔から変わらない定番の商品の中にも
新しい試みがいくつか見られました。

新しい色もあったりしましたが、
新しい素材の麻帆布を用いた鞄に惹かれて、
買ってきました。

20080328 信三郎帆布1.JPG
形は昔から変わらないズタ袋です。

20080328 信三郎帆布2.JPG
麻の風合いがとてもいいです。
紺地の商標が新しい試みの証です。

 一澤信三郎帆布 http://www.ichizawashinzaburohanpu.co.jp/

 過去の関連記事:http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2005-08-13

みつばちトート&恵文社オリジナルトート [デザイン]

恵文社.JPG

本屋に行って本を色々見ている時は
本を読んでいる時と同じくらい重要な時間です。
たまに本屋を変えてみると新たな発見があったりして、
楽しいひとときです。

京都に行ったとき、
前から気になっていた本屋さん
恵文社一乗寺店に行ってきました。

想像通りとっても発見の多い本屋さんで、
楽しい時間を過ごすことができました。

こんな本屋さんが近くにあればいいのにと思える本屋さんです。

旅行中の身ということもあり、
重い本はあまり買えなかったのですが、
みつばちトート製の恵文社オリジナルトートを見つけて
買ってきました。

 ↓本屋さんが好きな方ならHPでも十分楽しめると思います。
 恵文社一乗寺店 http://www.keibunsha-books.com/

 みつばちトート http://www.mitsubachi-tote.com/

   過去のみつばちトート関連記事:http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16

上洛の手引き 「京都のこころ A to Z」 [旅]


京都のこころA to Z―舞妓さんから喫茶店まで

京都のこころA to Z―舞妓さんから喫茶店まで




旅行に行くとき、
一般的なガイドブックも参考にしますが、
最近は個人で書かれた案内本が気になります。

同じ街でも人によって見え方が違うようで、
何気ない場所も人によっては特別な場所になります。
そんなその人なりの個性的な視線に溢れた本に
運良く出会ってしまったら、
ましてや自分の興味とその人の視線が
ぴったり重なってしまったら、
その本を片手に旅に出ないわけには行きません。

昨年の鳥取旅行の際には「来鳥手帖」が来鳥の手引きとなりましたが、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16
今回の京都旅行では木村衣有子さんの「京都のこころ A to Z」が
上洛の手引きとなりました。
(京都に行くことを”上洛”と呼ぶのもこちらの本で知りました)

河井寛次郎記念館、進々堂のテーブル、亀屋良永のお菓子、重森三玲の庭、、、
今回の京都旅行に関連してこれまで記事にした内容の多くが、
こちらの本でも紹介されています。

興味の重なる部分が多い本でしたが、
木村衣有子さんなりの視線がとても参考になります。
また、知らないことも結構あって、多くの発見がありました。

 木村衣有子さんのHP パール日記 http://mitake75.petit.cc/

-----------------------------

他にも個性的な視線を持った京都の本がいろいろあって、
参考になりました。


沼田元氣(沼田元気)さんの本を読んだ後は、
京都の見え方がきっと変わります。
それくらい発見に満ちた本です。

京都スーベニイル手帖・冬春編―ぼくの伯父さんの旅のお土産ブック

京都スーベニイル手帖・冬春編―ぼくの伯父さんの旅のお土産ブック

  • 作者: 沼田 元気
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本



京都スーベニイル手帖 夏秋編―ぼくの伯父さんの旅のお土産ブック

京都スーベニイル手帖 夏秋編―ぼくの伯父さんの旅のお土産ブック

  • 作者: 沼田 元気
  • 出版社/メーカー: 白夜書房
  • 発売日: 2005/05
  • メディア: 単行本



甲斐みのりさんの京都案内本もおすすめです。
やはり色々な発見があります。


京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内

京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内

  • 作者: 甲斐 みのり
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本




有名で人気があるから紹介するのではなく
自分が好きだから紹介するという姿勢が、
個人名義の案内本のいいところだと思います。
また運良く本に出会えたら、旅に行きたいと思います。

フォーチュン・クッキーのルーツ 辻占煎餅 @伏見稲荷・宝玉堂 [食べ物]

占い入りのクッキーのことを
外国ではフォーチュン・クッキーといいますが、
意外にも日本にルーツがあるといわれています。
辻占煎餅と呼ばれる煎餅がそれです。

 ↓こちらのサイトに詳しい解説があります
 http://www.m-mizoguti.com/papier/papier7.html

今ではあまり見かけない辻占煎餅ですが、
伏見稲荷の前には煎餅屋さんが多くあり、
今でも辻占煎餅がさかんに売られています。

-----------------------

色々なお店がある中で
宝玉堂にて辻占煎餅を購入しました。
白味噌入りの玉子せんべいです。

宝玉堂では辻占煎餅に”鈴”という名前が付いています。
確かに鈴のような形です。

20080322 宝玉堂2.JPG
20080322 宝玉堂3.JPG

 宝玉堂 http://www.oishikoji.com/shop/index.php?shopid=035

------------------------------

伏見稲荷にも参拝してきました。

20080322 伏見稲荷2.JPG
20080322 伏見稲荷3.JPG

 伏見稲荷 http://inari.jp/

伊藤若冲の石仏 京都・石峰寺 [日本美術]

江戸の画家・伊藤若冲が晩年過ごしたお寺が
伏見稲荷の近くにあります。
石峰寺です。

石仏を造りながらの
悠々自適な生活を送っていたようで、
お寺の裏山には多くの石仏が残されています。

若冲らしく表情豊かな石仏に出会えます。

20080319 石峰寺6.JPG
20080319 石峰寺.JPG
20080319 石峰寺5.JPG
20080319 石峰寺2.JPG
20080319 石峰寺4.JPG
20080319 石峰寺3.JPG

 過去の伊藤若冲関連記事:http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2006-03-11



BRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2006年 8/15号 [雑誌]





異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)

異能の画家 伊藤若冲 (とんぼの本)

  • 作者: 狩野 博幸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 単行本



↓伊藤若冲といえばこちらの本がおススメです


奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 辻 惟雄
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/09/09
  • メディア: 文庫



重森三玲の庭 霊雲院・光明院・芬陀院 [日本美術]

重森三玲庭園美術館を訪れた翌日、
東福寺方丈八相庭園に行ってきましたが、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-03-16
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-03-17
東福寺の塔頭の中にも重森三玲さんの庭があるので、
拝観してきました。

---------------

霊雲院には
重森三玲さんが江戸時代の庭を復元した「九海八山の庭」と
新たに作庭した「臥雲庭」があります。

20080319 霊雲院1.JPG
中央に須弥山を配した九海八山の庭

20080319 霊雲院2.JPG
流れる雲が表現された臥雲庭

------------------

光明寺には東福寺八相庭と同時期に作庭された波心庭があります。

20080319 光明院1.JPG
20080319 光明院2.JPG
奥の三尊石組から放射状に石を配置されているので、
どこから見てもすばらしい空間に出会えます。

------------------

雪舟作と伝えられる庭で芬陀院ですが、
重森三玲さんによる修復がなされています。

20080319 ふだん院1.JPG
20080319 ふだん院2.JPG
鶴亀庭と呼ばれる南庭は雪舟作と伝えられています。
右が亀島左が鶴島です。

20080319 ふだん院3.JPG
20080319 ふだん院4.JPG
東側の庭は重森三玲さんにより新規作庭されました。
茶室からみると石組みに深い奥行きが生まれます。




重森三玲モダン枯山水

重森三玲モダン枯山水




重森三玲の庭 東福寺方丈八相庭園 [日本美術]

重森三玲庭園美術館を訪ねた翌日、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-03-16
重森三玲さんの作庭した東福寺方丈の八相庭園を拝観しました。
本格的な作庭としては最初の作品といわれる庭で、
重森三玲さんの代表作です。

20080317 東福寺3.JPG
市松の庭
とってもモダンです

20080317 東福寺2.JPG
井田庭
ここにも市松模様が見られます

20080317 東福寺4.JPG
北斗七星庭

20080317 東福寺1.JPG
南庭
重森三玲庭園美術館の庭と同じく
石組みで4つの島が組まれています

20080317 東福寺5.JPG
石を起立させて縦に使うなど
重森三玲さんらしい新しい表現が強い印象を残します

 東福寺 http://www.tofukuji.jp/index2.html


京の庭

京の庭




重森三玲庭園美術館へ [日本美術]

おととし、「重森三玲の庭」展を観に行ったですが、
 http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2007-02-11-1
実は重森三玲さんの造った庭を実際に観たことがなく、
ぜひ観てみたいと思っていました。

そこで、京都に行くにあたって、
重森三玲庭園美術館にいくことにしました。

20080315 重森三玲1.JPG

実際に行ってみて、
写真や図面だけでは伝わらなかった
庭園の作りだす空間に圧倒されました。

20080315 重森三玲2.JPG
部分的に切り取っても画になります。
州浜や築山など重森三玲らしさが溢れています。

20080315 重森三玲3.JPG
茶室も案内していただけました。
襖の大胆な意匠がとってもモダンです。

20080315 重森三玲4.JPG

庭はついつい縁側から見てしまうのですが、
室内から見るように作られているとのことでした。
なるほど。
見学には事前の予約が必要ですが、
丁寧に解説していただけるので勉強になります。

 重森三玲庭園美術館 http://www.est.hi-ho.ne.jp/shigemori/index.html

2005年頃、吉永小百合さんが出演されている
液晶テレビAQUOSのCMに登場した庭です。

--------------------------


重森三玲モダン枯山水

重森三玲モダン枯山水




最近発売された本です。
きれいな写真がいっぱいで、楽しめます。