So-net無料ブログ作成

チック・コリア DUET with 上原ひろみ @ブルー・ノート東京  [音楽]

チック・コリアは毎年色々な形態で公演を行っていて、
去年だけでもタッチストーンとの公演、トロンハイム・ジャズ・オーケストラとの競演、
さらには上原ひろみさんともピアノ・デュオ公演を行っていました。
ぼくはブルーノート東京でのタッチストーン公演に行ったのですが、
他の2つを見逃したのがちょっと悔しいなと思っていました。
タッチストーン公演も忘れられないくらい良かったので悔いはなかったのですが、、、。

今年のチック・コリアもブルー・ノート東京で3種類の公演が予定されていて、
その中にチック・コリアと上原ひろみさんのピアノ・デュオが含まれていました。
どちらも好きなアーティストなので、
昨年の悔しさもありとても楽しみにして行ってきました。

ステージにより曲目が異なっていたようなのですが、
ぼくが行った回はビル・エヴァンス、ジョージ・ガーシュイン、
セロニアス・モンクなどのグレート・コンポーザーのスタンダード曲に加えて、
A・C・ジョビンの「How Insensitive」も登場しました。
そして、上原ひろみさんの「DEJA VU」とコリアの「Humpty・Dumpty」を1曲ずつ。
(お二人も先のメンツに負けないくらいのグレート・コンポーザーです)

2人の演奏は時に真剣、時にリラックスと
緊張感を保ちながらも緩急入り混じった感じで飽きませんでした。
チック・コリアだけでなく上原ひろみさんにも競演を楽しんでる余裕が感じられ、
観客も大いに楽しめたような気がします。
この点は比較的小さな会場で2人の表情が見えたのが良かったような気がします。

最後はアランフェスのフレーズと共にお決まりの「SPAIN」。
毎度のことではあるものの、コレがないと終われないです。

とても素敵なステージでした。
チック・コリアのコメントの中に、
CDだかDVDだかが作られるような話があったような気がしたのですが、
本当だったらうれしいなと思います。

---------------------------------------
チック・コリア DUET with 上原ひろみ @ブルー・ノート東京
2007/09/24-26
http://www.bluenote.co.jp/
----------------------------------------

上原ひろみさんの演奏を生で見るのはこれで2回目
前回は矢野顕子さんとのピアノ・デュオでした。
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-12-10

今年末は上原ひろみさんのバンド公演を初めて観に行く予定です。
会場は東京国際フォーラムAなのに完売してしまうほどの人気で、
一応席は取れたのですが、A席、、、でした。。。
それでも、CDを聴いて楽しみに待ちたいと思います。

タイム・コントロール

タイム・コントロール

  • アーティスト: 上原ひろみ~Hiromi’s Sonicbloom
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2007/02/21
  • メディア: CD

--------------

チック・コリアはここ最近は毎年ライブに行っています。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-09-02
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-13-1

毎年、手を変え品を変えいろんな試みを続けるチック・コリアに
目が離せないです。

今年は9月から12月で5枚のCDが出るようです。
他にも色んなプロジェクトが進行中なようで、楽しみです。
個人的にはRTFの復活が見てみたいです。

ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ

ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ

  • アーティスト: チック・コリア, ジョン・パティトゥッチ, アントニオ・サンチェス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2007/09/19
  • メディア: CD

------------

昨年日本でも発売された
トロンハイム・ジャズ・オーケストラとの競演のCDが
なかなか気に入っています。
オーケストラとのここまで緊張感ある感じの競演は
マイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスとの競演を思い出しました。
よかったらお聴きください。

リターン・トゥ・フォーエヴァー~ライヴ・イン・モルデ

リターン・トゥ・フォーエヴァー~ライヴ・イン・モルデ

  • アーティスト: チック・コリア・アンド・トロンハイム・ジャズ・オーケストラ, チック・コリア, トロンハイム・ジャズ・オーケストラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2006/08/30
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

西野達「東京時間」 [現代美術]

森美術館の若手アーティストを紹介するシリーズ
MAMプロジェクトの第6回は西野達さんの登場でした。

森美術館という東京を見渡せる環境にあわせた西野さん新作「東京時計」は、
遠望できるビルの屋上に大きな時計を設置し、
さらにギャラリー内部に同じ大きさの時計を展示する作品です。

会場に設置されたカメラの望遠レンズでどうにか見える時計が、
ギャラリー内のひどく大きな時計と同じ大きさというギャップが面白いです。

さらにいえば、街によくある時計も設置場所を変えると
こんなに違和感のある存在になるという点も楽しめます。


見慣れたものも場を変えると、結構違った見え方をして面白いです。
屋外彫刻の周りに仮設の住空間を設置するなど、
西野さんの作品は場を変える作品が多いですね。

これまで、ぼくは2回西野さんの作品をみていますが、
どちらも楽しく不思議な体験でした。

 「ホテルヴィラ會芳亭」 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-12-07
 「天上のシェリー」 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-06-25

 その他の作品はこちらのHPで
tatzunishi.net http://www.tatzunishi.net/

--------------------
MAMプロジェクト006「西野達」
2007/07/11-09/24
森美術館ギャラリー2
---------------------
 
 森美術館下の展望台から作品の撮影を試みたのですが、、、
 

  一応、こちらの方角


 拡大してみると、真ん中の茶色いビルの屋上に
 うっすら白く丸い時計が見えます。
 西野さん手書きの時計で、これと同じ時計がギャラリー内にも設置されていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「ル・コルビュジェ展」 建築とアート [建築]

森美術館で開催された「ル・コルビュジェ展」は
ル・コルビュジェの建築だけでなく絵画や彫刻も
多数紹介されているのが特徴でした。
ル・コルビュジェの絵画や彫刻が見たくって、
ぼくも行ってきました。

-------------

建築とアートの関わりでいえば、
バウハウスには建築家ミース・ファン・デル・ローエなどとともに
画家のカディンスキーやクレーもいましたし、
デ・スティルには建築作品も残すリートフェルトとともに
画家のモンドリアンがいました。
カディンスキーやモンドリアンはいわゆる抽象絵画の巨匠で、
モダンな建築と抽象画は確かにお似合いな気がします。

では、ル・コルビュジェの絵画作品はといえば、
意外にもキュビズム風の絵画ばかりです。
キュビズムは静物画を出発点としているので、
必ず何か対象物を描いていますが、
ル・コルビュジェの作品も
「赤いバイオリンのある静物」や「女と雀」のように
対象物が描かれているものばかりです。
対象物のない抽象画ではなく対象物のある絵画という点は
先の建築とアートの関係とは異なるル・コルビュジェの特徴だと思います。

ル・コルビュジェは「キュビズム以降」という本で、
自分の芸術をピュリズム(純粋主義)と呼びました。
そこでは、秩序や明快さのある理性によって
自然や現実の再現を追求することを宣言しています。
ピュリズムにおける単純さの探求や装飾性の排除の試みは
抽象画にも通じるものがありますが、
あくまで自然や現実の再現を目指している点は、
抽象画と大きく異なります。


「赤いバイオリンのある静物」

以上を踏まえて、改めてル・コルビュジェの建築を見てみると、
絵画や彫刻でみせた現実の再現へのこだわりが
ル・コルビュジェの建築にも感じられる気がします。

例えばミース・ファン・デル・ローエの建築は
モンドリアンの絵画のように
水平線や垂直線を構成していきながら作られたように感じますが、
ル・コルビュジェの建築は
むしろ自然や現実のものの装飾を排除しながら単純化する試みのなかで生まれた形
が随所に見受けられる気がします。

同じ単純明快さの表現でも
水平線と垂直線のような単純な要素の集合体として構成していく手法と、
一見複雑な自然や現実の本質を掴むことで無駄な装飾を排除し単純化していく手法では
大きく異なりますが、
ル・コルビュジェは後者だったような気がします。
ロンシャンの礼拝堂などもそう考えたほうがすんなりきます。

そんなル・コルビュジェの現実の再現へのこだわりは
例えば人体寸法や黄金比率といったモデュロールの考え方にもつながっている気がします。

----------------------------

国立新美術館で開催された「20世紀美術探訪」展で
ル・コルビュジェの作品がバウハウスや構成主義、構築主義などのコーナーから遠く離れて、
キュビズムのコーナーにあったのが気になっていたのですが、
今回の展覧会でその違いを再度感じることができたような気がします。

-----------------------------
「ル・コルビュジェ展」@森美術館
2007/05/26-2007/09/24
http://www.mori.art.museum/contents/lc/index.html


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート