So-net無料ブログ作成
検索選択

ココロを動かす色 松井康生さんのやきもの [巨匠・人間国宝]

以前にも紹介したのですが、
松井康成さんのやきものは
まるで宝石のような美しさです。
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-10-19

そのやきものの色鮮やかな美しさが、
SONYと朝日新聞との共同企画で紹介されています。
とても素敵なHPなのでぜひご覧ください。
色はココロを動かしますね。


「Color is Magic ココロを動かす日本の色」http://www.asahi.com/ad/clients/bravia4/index.html
BRAVIA http://www.sony.jp/products/Consumer/bravia/


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

NODA・MAP番外公演「THE BEE」日本バージョン [演劇]

最近の野田秀樹さんの作品は
戦争をテーマにしたものが多い気がします。

今回の筒井康隆さんの短編を原作とした「THE BEE」も
戦争のことが暗に思い出されます。

不条理劇のような感じもありますが、
そもそも暴力は不条理で不毛なものなのかもしれません。
客席から客観的に見ることで、
その不条理性が際立って見えるような気がしました。

「つまらない恐怖心に支配されてゆく平凡な人間」
として描かれた主人公井戸は自分のことかもしれません。
時には自分を客観的に見ることが必要かもしれません。

---------------------
NODA・MAP番外公演「THE BEE」@シアタートラム
2007/6/22-7-9 日本版
2007/7/12-7/29 ロンドン
http://www.nodamap.com/02thebee2/top.html
----------------------

原作はこちら↓に収録された「毟りあい」です。
未読ですが、久しぶりに筒井康隆さんの昔の短編を読んでみたい気分です。

傾いた世界―自選ドタバタ傑作集〈2〉

傾いた世界―自選ドタバタ傑作集〈2〉


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

柏市立砂川美術工芸館が閉館 [民藝]

千葉県柏市の砂川美術工芸館は
「型絵染め」で有名な芹沢けい介さんの作品を展示する美術館でしたが、
6月29日をもって閉館となりました。

すこし悲しいニュースです。

----------------------------

以前、2005年5月23日から館の運営に関する調整のため1年弱休館する
という記事を書きました。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-07-1

その後、2006年4月1日、復活して開館した際も記事を書きました。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-04-23

そして、今回の閉館の記事となりました。

実は3月1日より臨時休館しており、
その理由は建物の一部にアスベスト含有物が
使われていることが判明のためでした。

健康に関することゆえ、
難しい判断だったと思うのですが、
閉館という結論となってしまったようです。

----------------------------------------

心残りは、最後の展示を観にいった時には、
すでに臨時休館になってしまっていたため、
最後の展示『蓑・バンドリ 民具の意匠』展を見逃してしまったことです。

砂川美術工芸館の芹沢けい介作品は
柏市に寄贈されているのですが、
柏市役所の記事によれば、
平成20年8月より柏市の沼南庁舎内で公開を再開する
とのことです。

今はこちらの展示がどのようなものになるか、
期待したいと思います。

-----------------------------------------

 柏市役所 http://www.city.kashiwa.lg.jp/information/19-0278sunakawa.htm
 砂川美術工芸館 http://www.city.kashiwa.lg.jp/cityhall/sosiki/B_SYOG/SYOG_BNK/bunkanavi/sunakawa/sunakawa_top.htm


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

クリスチャンヌ・ルグラン [音楽]

ミシェル・ルグランさんが来日されるということで、
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2007-03-17
今から楽しみです。
お姉さんのクリスチャンヌ・ルグランさんも
一緒に来日される予定でこちらも楽しみです。

これまで、ミシェル・ルグランさんの記事は書いたことがあるのですが、
クリスチャンヌ・ルグランさんの参加されたCDも
いくつか紹介しておこうと思います。

-------------------------------

クリスチャンヌ・ルグランさんは
主にコーラスグループで活躍されていますが、
出発点となったのは”ブルー・スターズ”です。
ブロッサムディアリーが在籍していたことでも有名なグループで、
アルバムタイトル曲の「バードランドの子守唄」は
ミシェル・ルグランによるアレンジ

フランス語のコーラスグループによるジャズが、
なんだかいいです。

ララバイ・オブ・バードランド

ララバイ・オブ・バードランド

  • アーティスト: ブルースターズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 1994/11/06
  • メディア: CD


”ブルー・スターズ”の次に参加したのが、
”ダブル・シックス・オブ・パリ(レ・ドゥブル・シス)”です。
↓は名盤として有名なディジー・ガレスピーとの競演盤です。

アレンジはラディジー・ガレスピー・バンド出身のラロ・シフリン。
ラロ・シフリンは「スパイ大作戦」などの映画音楽でも有名です。

ディジー・ガレスピー&ザ・ダブル・シックス・オブ・パリ

ディジー・ガレスピー&ザ・ダブル・シックス・オブ・パリ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: CD

Les Double Six

Les Double Six

  • アーティスト: Les Double Six Of Paris
  • 出版社/メーカー: Rca Victor
  • 発売日: 1999/10/11
  • メディア: CD


次いで参加したのが、もっとも有名な”スウィングル・シンガーズ”。
バッハの名曲をコーラスで再現した作品が有名です。

ジャズ・セバスチャン・バッハ

ジャズ・セバスチャン・バッハ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2000/07/26
  • メディア: CD

クラシックじゃなくてジャズが聴きたい方は
これ↓がとってもおすすめ。
スタン・ゲッツのアルバムですが、
アレンジがミシェル・ルグランさん、
コーラスはスウィングル・シンガーズが担当しています。
ほとんどミシェル・ルグランのアルバムといってもいいような内容です。
コーラスもやりすぎとも思える存在感で、
十二分に堪能できます。

コミュニケーションズ’72(紙ジャケット仕様)

コミュニケーションズ’72(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: スタン・ゲッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/08/27
  • メディア: CD
----------------------------

クリスチャンヌ・ルグランさんは、
他にもミシェル・ルグランさんの代表的な映画音楽
『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人達』などでも
歌っておられますし、
ソロ・アルバムも何枚か発表されています。

こちら↓のソロアルバムのCD化は多くの人が待ち望んでいました。

OF SMILES AND TEARS

OF SMILES AND TEARS

  • アーティスト: クリスチャンヌ・ルグラン
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2004/10/17
  • メディア: CD

そして、ソロシングルを集めた日本編集盤がこちら↓。
貴重な音源も収録されています。
ちなみに、ライナー・ノーツが充実していて、
今回の記事でも参考にさせていただきました。

エル・エ・イル

エル・エ・イル

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 2000/02/16
  • メディア: CD

ミシェル・ルグランさんもよく歌われるので、
来日時は二人のデュエットが聴けるといいなと思います。
シェルブールの雨傘とか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「アートで候 会田誠・山口晃 展」 [現代美術]

会田誠さんと山口晃さんの二人展。
お二人の作品はグループ展では何度もみているのですが、
まとまって作品をみたことがなかったので、
今回の企画はうれしかったです。
ギャラリーでなく美術館で開催というのも。

これまでの作品を振り返りつつ、
これからの活躍を期待させられました。
更なる進化を見たいような、裏切って欲しいような。
楽しみです。

-----------------------------

「アートで候 会田誠・山口晃 展」@上野の森美術館
2007/5/20-6/19
http://www.ueno-mori.org/special/aida_yamaguchi/index.html

-----------------------------

会田誠さんをはじめて知ったのは、
思い返してみると、
戦争画RETURNSシリーズの中の
「美しい旗」だったような気がします。
今回は「美しい旗」の展示はなかったのですが、
「紐育空爆之図」をようやくみることができました。

「美しい旗(戦争画RETURNS)」は
大塚英志さんの『「彼女たち」の連合赤軍』の
文庫化に際して表紙に採用され、
その時に初めて見て、心に残っていました。
いろいろと深読みさせられる画だと思います。

『「彼女たち」の連合赤軍』がamazonの検索に引っかからないのですが、
↓こちらの本の表紙にも「美しい旗(戦争画RETURNS)」が使われていることを知りました。

少女たちの「かわいい」天皇―サブカルチャー天皇論

少女たちの「かわいい」天皇―サブカルチャー天皇論

本当は『「彼女たち」の連合赤軍』の表紙と2つで1つの作品です。

「美しい旗(戦争画RETURNS)」は、
蜷川幸雄さん演出の2005年の舞台「メディア」でも
パンフレットの表紙に使われていました。
どちらかというとク・ナウカ版の「王女メディア」を思い出させます。

 http://www.bunkamura.co.jp/shokai/restshop/tsuuhan/cocoon.html

---------------------------

山口晃さんをはじめて知ったのは、
確かUnited Feature OrganizationのCDジャケットで。
今回の展覧会にも原画が展示されていました。

V

V

  • アーティスト: United Future Organization, DUKE JORDAN, ERIC HOCHBERG, RICK LAZAR
  • 出版社/メーカー: カッティング・エッジ
  • 発売日: 2002/02/20
  • メディア: CD

他にも槇原敬之さんのCDジャケットの原画も展示されていました。

LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)

LIFE IN DOWNTOWN(初回生産限定盤)

  • アーティスト: 槇原敬之, KURO
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: CD


 山口晃さん関連の過去の記事:http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2006-12-12


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート