So-net無料ブログ作成

八方尾根~唐松岳の花 1 [花]

八方尾根から唐松岳まで、
大群落は少ないものの、
高山植物の種類はさすがでした。

高山植物が好きな人なら
視界が悪くても、大丈夫ですね。

定番の花達にも出会えました。


コマクサ 高山植物の女王


チングルマ 


コイワカガミ

白馬観光開発 http://www.tokyu-hakuba.co.jp/
 お山からの便り http://www.tokyu-hakuba.co.jp/report/index.html


八方尾根の花 ハッポウウスユキソウ [花]

礼文島で出会った"レブンウスユキソウ"
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-07-01
すっかりお気に入りです。

調べていくと、いろんなウスユキソウがあるようで、
信州の八方尾根には"ハッポウウスユキソウ"があるとのこと。
行ってきました。

結構簡単に出会えるものだなぁと、
ちょっと感動です。

----------------------------------


岩地に生える姿が美しいなと思います

----------------------------------

次は"ハヤチネウスユキソウ"を見に早池峰山に?
それとも"ホソバヒナウスユキソウ"を見に尾瀬の至仏山に?
結構いっぱいあるんですね。


白馬三山を望めず 八方尾根~唐松岳 [旅]

白馬三山を眺めながら歩く八方尾根、、、のはずが、、、、
雲が邪魔してなかなか見えません。
梅雨が明けても、上手くいかないものです。。。

唐松岳まで登って帰ってきた昼過ぎの八方池は、、、
濃霧の中でした。。。
朝はまだましだったということで、
自分を納得させます。


八方池のあたり 画像の合成に挑戦。。。(汗)


丸山ケルン


コバイケイソウ(白い花)がいっぱい咲いてました


唐松岳からの帰り道 不帰(かえらず)の嶮の三峰が


濃霧の八方池 これで昼の1時頃!

白馬観光開発 http://www.tokyu-hakuba.co.jp/
 お山からの便り http://www.tokyu-hakuba.co.jp/report/index.html
唐松岳頂上山荘 http://www.karamatsu.jp/


カルダーとイサム・ノグチの競演 名古屋市美術館 [イサム・ノグチ]

抽象彫刻の巨匠といえば、、、、
ブランクーシは別格として、
ヨーロッパならアルプ、ミロ、ムーア、、、
アメリカならばカルダー(コールダー)とイサム・ノグチ
あたりでしょうか?

そんなアメリカの2大巨匠の作品がいつでも見れる美術館があります。
先日行った名古屋市美術館は、
表玄関にカルダー、裏玄関にイサム・ノグチの彫刻作品を置く
贅沢な美術館でした。

名古屋市美術館 http://www.art-museum.city.nagoya.jp/

--------------------------------


Alexander Calder 「ファブニール・ドラゴンII」
動く彫刻「モビール」の創始者として有名です。


イサム・ノグチ「魂」
石の彫刻といえばこの人。哲学的です。
 
 8月13日 テレビ東京「美の巨人たち」にイサム・ノグチ「モエレ沼公園」登場のようです。

  過去のイサム・ノグチ関連記事:
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-07-10
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-07-08-2
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-04-09-2

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

万博をめぐる人々 吉見俊哉「万博幻想」 [文化]

万博幻想―戦後政治の呪縛

万博幻想―戦後政治の呪縛

  • 作者: 吉見 俊哉
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 新書

もうすでに愛知万博に2回も行ってるのに、
「万博幻想」なんて本を読んでいいのか?との意見もあるでしょうが、
一応、万博に興味がある、ということでお許しください。
より正確に言えば、万博をめぐる人々に興味があるんですが。。。

万博をめぐる人々といえば、
万博推進派と反対派という単純な構図が浮かびますが、
愛知万博の場合は3つに分かれます。

 1.「海上の森」を中心に初期の愛知万博を構想・推進した人々
 2.自然保護の立場から「海上の森」の愛知万博に反対した人々
 3.現在の形の「青少年公園」(=長久手メイン会場)を中心とした愛・地球博を推進した人々

愛知万博は、大阪万博跡地が千里ニュータウンになったように、
最初期は万博と開発がセットで考えられてました。
しかし、上記1と2の人々の間で、
里山である「海上の森」での万博開催の是非について議論を重ねる中で、
愛知万博構想は環境型へとシフトしていきました。
そして、愛知万博は開催されることとなりました。
「巨大映像」や「大観覧車」のない万博として。。。

しかし、「海上の森」で希少野生動物のオオタカの巣が
見つかったことから事態は混迷していきます。
「海上の森」での大規模な万博開催を断念せざる得ない事態となると、
近くの「青少年公園」(=長久手会場)を中心とした万博構想がクローズアップされます。
上記3の人々にとって、多くの入場者を期待できない「海上の森」構想は魅力のないものでした。

ここで、「海上の森」での愛知万博反対という点で、
上記2と3の人々の利害が一致してしまったため、
1の人々の立場は一気に悪くなります。
初期構想の「海上の森」を中心とした万博は立ち消えてしまいました。

そして愛知万博は愛・地球博と名前を変え
長久手会場をメイン会場として2005年3月開幕しました。

--------------------

多くの議論が交わされながら、
結果的には従来と大きな差のない万博となってしまったようにも見えます。
強い統一感のある初期構想時の万博に比べ、
なんとなくまとまりのない万博にも見えます。
しかし、万博をめぐる様々な人々の思惑が
そこかしこに残されている愛知万博は、
まだ、魅力を秘めていると感じます。
重ねられた多くの議論は無駄ではありません。
まとまりのない万博の持ついろんな顔を捜す旅に出ましょう!

ぼくは、、、もう1回だけ行ってきます。
呆れられながら。。。(汗)

--------------------

初期構想の愛知万博は原研哉さんの「デザインのデザイン」が詳しいです。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-04-08-3

北川原温さんはさらに初期のメンバー。
海上の森を舞台とする愛知万博の最初のマスタープランを作られた方です。
 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-25 

最近の谷口吉生さんの展覧会にも「海上の森」のパビリオン案が展示されてました。
実現は、、、されませんでした。
http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-04-25-1

-----------------------

愛・地球博会場で大観覧車に乗る子供達の笑顔を見て、
これでよかったのかなぁと思いながら、
初期構想の愛知万博を夢見たりします。

 愛・地球博HP http://www.expo2005.or.jp/jp/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

白山陶器のレンゲ [デザイン]

いつの頃からかレンゲ(ラーメンについてくる)がプラスチックとなり、
滑りやすいためか引っ掛けるための切り欠き?付きが登場してますが、
何となくあのデザインは、、、?と感じています。

試しに陶磁器のレンゲを使ってみましょう。
程よい重さのためか、意外と滑りません。

白山陶器のレンゲがオススメです。


この後ろのポチと柄のそり具合がいい引っ掛かりとなるのでしょうか。
納得のレンゲです。

白山陶器 http://www1.ocn.ne.jp/~hakusan/


発売日早まる 山下達郎の新譜 [音楽]

SONORITE(初回限定盤)

SONORITE(初回限定盤)

  • アーティスト: 山下達郎, RYO
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/09/14
  • メディア: CD

山下達郎さんの新譜が発売されるようで、楽しみです。
当初9/21発売となってました。
例のごとく遅れるのかなと思ってたら、、、
9/14に発売日が早まりました!
むむむ。とりあえず様子を見守ることにしよう。

山下達郎 オフィシャルサイト http://www.smile-co.co.jp/tats/index.html


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ご当地アフロ犬シリーズ ビール犬とイクラ犬 [キャラクター]

北海道旅行で出会ったアフロ犬。
2匹。


ビール犬


イクラ犬

だんだんたまってきました。

 なまはげ犬 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2004-12-30
 東京タワー犬 http://blog.so-net.ne.jp/mckeee/2005-05-12

ご当地アフロ犬 http://www.san-x.co.jp/license/05/
アフロ圏 http://www.san-x.co.jp/afro/afro.html


コクーン歌舞伎 「桜姫」 [演劇]

お姫様から最後は女郎にまで身を落とす桜姫。
彼女に惹かれるものを、悲運な運命に巻き込みながら、
名前のごとく最後には満開に花開き、舞散っていく姿。
最高でした!

現代演劇の演出家串田和美さんと歌舞伎の競演。
8月の歌舞伎座では串田演出「法界坊」の再演(歌舞伎座初演)が。

------------------------------------

「桜姫」@シアターコクーン
作 四世鶴屋南北 演出 串田和美
桜姫 中村福助
清玄 権助 中村橋之助
入間悪五郎 中村勘太郎
粟津七郎 中村七之助
役僧残月 坂東弥十郎
局長浦 中村扇雀
口上 あさひ7オユキ(朝比奈尚行)

シアターコクーン http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/event/sakura/
松竹 http://www.shochiku.co.jp/play/others/cocoon/0506/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

丘のまち 美瑛 [旅]

北海道らしい風景だなぁと思います。

レンタサイクルで廻りました。
北海道なのに真夏日だったんです。。。

http://www.calbee-potato.co.jp/wallpaper/index.html
(拓真館で見た前田真三さんの写真はすごかったです)