So-net無料ブログ作成

「来青手帖」に引かれて弘前へ [手仕事]

P7275228 (375x500).jpg

以前に「来鳥手帖」を紹介しました。
 →http://mckeee.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16 (「来青手帖」に引かれて鳥取へ)

「来鳥手帖」は
民芸一家に生まれ育った料理研究科の福田里香さんと
みつばちトートで有名な民芸初心者の束松陽子さんが
鳥取に民芸を訪ねる旅に出かけた旅行記です。

以前、鳥取旅行の際に参考にしました。


じつは「来鳥手帖」には「来青手帖」という続編が出ていて、
こちらは青森・弘前に「こぎん刺し」を訪ねる旅行記です。
今回の青森旅行ではこちらをも参考にしました。

 柳宗悦や民藝とこぎんの関係
 弘前こぎん研究所への訪問
 こぎん研究所の建物を設計した前川國男
 こぎん刺しバックのできるまで
 弘前のお菓子
 などなど

小さな冊子ですが、
内容は充実しています。
きっと弘前旅行に行きたくなる本だと思いました。

P7275229 (375x500).jpg

その後、「来森手帖」に影響を受けて「在青手帖」も出版されました。
こちらは青森在住の方々による青森の手仕事を訪ねた冊子です。

「来青手帖」は青森に住んでいる方にとっては
身近で当たり前なものを再発見するきっかけとなったようです。

日常を見つめなおすことからはじめて
日々の暮らしの豊かさに気付くことからこの冊子は生まれました。

「来森手帖」と合わせておススメです。

--------------

どちらの本も手に入れにくいのですが、
「来森手帖」の発売店舗は以下の「みつばちトート」のHPを参照下さい。

  みつばちトート http://www.mitsubachi-tote.com/news/post_2.php

「在青手帖」は京都の恵文社一乗寺店を訪ねた時に入手しました。
ONLINESHOPでも入手できるようです。

 恵文社一乗寺店 http://www.keibunsha-books.com/

---------------------

ぼくは持っていないのですが、
こぎん刺しを実際にしてみたい方は以下の本もあります。


こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

こぎん刺しの本―津軽の民芸刺繍

  • 作者: 布芸展
  • 出版社/メーカー: 文化出版局
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

とみっち

恵文社はたまに行くので
今度、来森手帖と在青手帖探してみますね^^
by とみっち (2011-08-04 18:46) 

mckee

恵文社は本当に素敵な本屋さんですよね。
たまに行ける距離にあるのはうらやましいです。
来森手帖と在青手帖ぜひ探してみてください!
by mckee (2011-08-04 21:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0