So-net無料ブログ作成

記憶の建築 表参道ヒルズ同潤館 [建築]

戦争や震災などの記憶を忘れないために、
モニュメントを残す場合が多くあります。
石碑だったり、崩壊した壁をあえて残したり色々ですが、
建築である場合もあります。

たとえば、広島の原爆ドーム。
それから世界貿易センター跡地の計画とかは
”記憶の建築”と呼べそうです。

建築はいわゆる機能的な役割以外に、
記憶という機能も持っていそうです。

----------------------------

同潤会アパートの再開発としての表参道ヒルズの端っこには
同潤館と呼ばれる同潤会アパートに似た建物があります。
これもきっと”記憶の建築”。
同潤館をみて色んな記憶や思いが
皆の頭には湧き上がるのではないでしょうか。


同潤館



在りし日の同潤会アパート

建築史家の五十嵐太郎さんが著書「戦争と建築」で、
先の世界貿易センター跡地の計画のコンペで選ばれた
記憶の建築家・ダニエル・リベスキンドさんに触れて述べている言葉

 開発は戦争以上に都市を破壊する

戦争や震災のように強烈な記憶をみなに植えつけることなく、
都市は開発と破壊を繰り返しながら刻々と変化し続けます。
気がついたらなくなっているというのは少し寂しい気がします。

戦争と建築

戦争と建築

  • 作者: 五十嵐 太郎
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2003/08/20
  • メディア: 単行本

---------------------------

表参道ヒルズを少しだけ訪ねてみました。
六本木ヒルズは村上隆さんのアートがいっぱいありましたが、
表参道ヒルズはジュリアン・オピーさんでした。



↓このジャケットを手がけたのがジュリアン・オピーさん

Blur's Greatest Bits

Blur's Greatest Bits

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Food
  • 発売日: 2003/02/03
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

soe

同潤会の再開発もう終わっていたのですね
今日、偶然にもCASA BRUTUSをみて知りました
すごいことになってますね
建築もですがジュリアン・オピーさんの作品が気になります
by soe (2006-03-10 21:48) 

mckee

東京ではすでに話題のスポットということになってますよ。
まだまだすごい人でした。
もう少し落ち着いたら、またぶらりと立ち寄ってみたいです。

ジュリアン・オピーさんの作品は随所に使われていました。
アートが場にいろどりを与えますね。
by mckee (2006-03-10 23:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2